Blog Post

第7回 Tecnifibre編

Tecnifibre 編

第7回
ブリヂストンスポーツセールスジャパン株式会社
テニス企画部
テニス商品企画課

“柴本 竜” さん

テクニファイバーの由来は、「technical」と「fibre」の造語から!
 今回は一つのアイテムにフォーカスするのではなく、ブランドそのものにスポットを当て、
テクニファーバー社のhistoryやこだわりから新商品まで、「テクニファイバー」について
ブリヂストンスポーツで商品企画を担当している、柴本さんに徹底的に語っていただきました!


元々は多くのテクノロジーを搭載した、ストリングのスペシャリストブランド!

Q. 先ずは、“テクニファイバーとは何ぞや?”という事で、簡単にブランドヒストリー的なものをお教えいただけますでしょうか?
A. 先ずは「テクニファイバー」(以下:TF)という名前の部分からですが、もともとストリングメーカーとしてスタートしているわけですが、「テクニカル」+「ファイバー」という、いわゆる“技術”をストリングに結集させているというところが由来となっています。経緯としては、もともとフランスの「メジャースポーツ」という会社あり、そこが登山用の「ザイル」を作っていた会社だったのですが、そこがその技術を生かしてテニス用のストリングを作ったらどうなるか!?というところから始まり、約40年弱といったところが、会社としての歴史となります。
現状ではシューズ以外の、ラケット・ストリング・ストリングマシーン・ボール・アクセサリー・アパレルといった、テニス用品の製造・販売を、世界約80ヵ国で行っています。(日本ではボール・アパレルの展開はありません)


Q.
今でこそトータルブランドの「テクニファイバー」となっていますが、やはり一番の特徴はストリングだと思います。
そのストリングで、ここは他のブランドには負けない!これぞテクニファイバー!といった特徴を教えてください。
A. 大きくは2つあります。
1つ目は、マルチストリングに“ポリウレタン”(以下:PU)を入れた最初のブランドで、現在のマルチストリングのベースを作り上げたという事なのですが、ポイントはそのPUの「使い方」で、他社はPUはストリング表面へのコーティングのみに対し、TFのマルチストリングはストリングの内部まで浸透・含浸させているというのが、一番の特徴です。そうする事で、切れる直前までそのパフォーマンスを体感できるというわけです。
更に、中まで浸透する事でPUが1本1本の繊維を繋ぐゴムのような役割を果たし、伸縮性が向上します。その結果テンション維持力も向上します。
MADE IN FRANCEは、ノウハウやデータの蓄積が最大の強み!
2つ目の特徴は、TFのストリングはフランス国内の自社工場で全て開発・製造しているという事です。
これについては、品質が安定し高品質という事と、全てノウハウ・データが蓄積されており、製品開発や品質維持に関して大きなアドバンテージと言えるし、セールスポイントだと思います。
Q.
先ほど特徴として挙げられた。「テンション維持について」伺います。
TFのPUストリングは以前、テンションロスを避けるために「プレストレッチ」と言って、張る前にストリングを引っ張って1度伸ばしてから張ったりしていた時代があったと思います。逆に言えば、それをやらないと緩みやすいとも取れますが、その辺りの見解をお聞かせください。
A.
実際にTFのストリングで「X-ONE バイフェイズ」 は、出荷前にプレストレッチをかけている(バイフェイズ加工)商品ですが、そういった意味ではそういった事を行う事で、テンション維持力が上がる!という事は言えます。ただそれに関しては、他のストリングも全て一緒で、プレストレッチを行う事でテンション維持力が若干上がるという事は言えると思います。実際に発売当時から製造方法を変えていない商品もありますが、数値上では他の商品と比較して、テンション維持力が低いという事もないし、PUを浸透・含浸する事によってパフォーマンスが落ちるという事もありません。

ポリエステルの比率は上がっているが、まだナイロンマルチの方がシェアは高いんです!

Q. ではそのストリングとラケットとの関係について伺います。
現在はゴールデンスペックと言われる、中厚のラケットが多くのシェアを占めている状況で、そのようなラケットは高反発・衝撃・フィーリングと言った部分で、いろんな意味で「硬い」ラケットだと思います。あくまでも私個人の見解ですが、その背景からマルチストリングのような、ソフトタッチのストリングがもっと支持されても良いと思うのですが、そのあたりはどうお考えでしょうか?
A.
実際に現在の日本市場で考えると、「ポリエステル」が40%強、「ナイロンマルチ系」が45%という事で、思っているよりはマルチのシェアは落ちていないと思います。ですが、かなりのスピードで「ポリエステル」のシェアが拡大しているのも事実です。
そもそもポリエステルは、身体への負担も少し大きくなりますし、テンション維持力も低いので、本来であればあまり長持ちしないストリングですが、実際は「切れにくい!」というところから、耐久性が非常に良く見えてしまうということろはあると思います。TFとして推奨してるのは、300g以上のラケットにはポリエステルを張っても問題ないが、それよりも軽いラケットを使用する方には「ナイロンマルチ」をお勧めしています。その理由は、300g以上のラケットを使う方はある程度身体が出来上がっている方で、その衝撃や多少強引なスイングにも身体がついていくが、そうでない方には負担が少ない「マルチ」をお勧めしたいのですが、ラケットの販売比率とイコールになっていないのが現状です。つまりオーバースペックの方が多いと思います。
Q. そんな中、TFからも多くのポリエステルストリングが出ていますが、どんな特徴があり、どんなところを重要視していますか?
A.
そうですね~、ポリエステルを否定するつもりはないんです。ポリエステルも必要なんです!
先ほどのラケットの話でもあった通り、フレームの進化によってパワーが増した分、飛び過ぎを抑える為にポリエステルが増えてきたという背景があると思います。
そんな中で、TFの中では最も認知していただいているのが「ブラックコード」だと思いますが、今市場に出ているポリエステルストリングの中で、最も柔らかいストリングだと認識しています。
Q. その「柔らかい」とは、何をもってして柔らかいのでしょうか?
A.
それは数値的な部分で、同じ条件で一定の負荷をストリングに与えた場合の、伸縮率などを数値化したときの比較となります。
Q. それはフィーリングもイコールですか?
A.
イコールではありません。そこが非常ポリエステルの難しいことろではあり、「ブラックコード」は数値上すごく柔らかいストリングなんですが、一方で「レッドコード」はすごく硬めの数値が出るのですが、スイングスピードが速い人には非常に柔らかく感じたりします。
感覚的な部分にはなってきますが、球の乗りだったりの影響もあり、一概には言えず数値だけが全てと言いうわけではないと思います。
多角形のストリングは、角数が少ないほど「エッジ」が効いている!
Q. それでは少し視点を変えて、同じポリエステルのストリングでも、スピン系と言われる種類のものがあると思います。
ブラックコードに代表される、ボールとの引っ掛かりや摩擦力を上げる「多角形」のストリングと、ストリング同士の摩擦を少なくし、ストリングの運動量を上げる、「ROUGH加工」されたストリングがありますが、スピン関するTFとしての見解は?
A.
TFの中で言うと、いわゆる「異形断面」と言われる4角形・5角形ということろで、エッジを聞かせてスピンをかけよう!という考え方をしているのが、「ブラックコード」・「ブラックコード4S」です。当然角数が多くなればなるほど、断面が円に近くなっていくので、そういった意味では角数が少ない方がエッジが効いていると考えています。
一方で、「レッドコードWAX」という商品がありまして、こちらは潤滑成分の高い素材を含浸させて、スナップバックを起きやすくしてスピン性を高めていてます。

テクニファイバーのモノづくりは、ボトムアップが基本!

Q. 続いてラケットについてお伺いします。
日本市場でラケットの展開が始まり来年で10年となりますが、ラケットを開発するに当たり、大事にしているポイントなどはありますか?
A.
本来はストリングメーカーらしく、ストリングのパフォーマンスを最大限に発揮するラケットと言いたいところですが、スイングのタイプやスピードが本当に千差万別なので、コレとソレがベストマッチとかはなかなか言えないところです。というよりは出来ないといった方が正しいところです。その中でTFとしては、良くも悪くもそこまでクセ(特徴)のあるラケットではなく、比較的オーソドックスなラケットをご用意させていただき、その中でストリングで使い分ける!という事が出来るラケットになっていると思います。
モノづくりという点では、他社さんはトッププロの意見を取り入れて、トップダウンのモノづくりが多いと思いますが、TFは若手選手やユーザーの意見を吸い上げてモノづくりをしている、ボトムアップのモノづくりという点が特徴と言えると思います。
Q. ではそれを踏まえて、最新作のラケット(T-FLASHシリーズ)について、どんなラケットなのか教えてください。
A.
TFのラケットは大きく分けてT-ファイト・T-フラッシュ・T-reboundの3シリーズになります。そのうち、T-reboundは女性専用モデルという位置づけとなり、メインはT-fightT-flashが2本柱となります。そのうち今回新しく送り出したのが「T-FLASH PS」となります。
そもそもT-flashは中厚のパワー系のラケットの中で、「一番コントロール性が高いものを目指します!」という考えのもとモノづくりをしており、そんな中で今回のモデルには4つのセールスポイントがあります。

先ず一つ目が「パワー」で、中厚系のラケットの中でもパワフルなラケットを目指しました。2つ目は「打球感の柔らかさ」で、硬めのイメージがあった過去のモデルに比べ、かなり柔らかくなっています。3つ目は「デザイン!」手前みそですが、デザインがカッコいいという点です。そして4つ目が「コストパフォーマンス」です。
具体的に、先ず1つ目の「パワー」ですが、スロート部の形状を台形のような形にすることで、センターのストリングを長く使うことが出来、その結果同じフェイス面積のラケットと比較して、パワーアップに成功しています。2つ目は、フレームのたわみで、打球時にフレームが内側にたわむように設計しており、それにより抜群の柔らかさとホールド感を生み出しています。三つ目は好みもあると思いので省きます・・・(笑)

4つ目は「価格」です。今回メインとなる「T-フラッシュ300」が定価で¥30,240で、前作が¥35,640ですから思い切って¥5,400価格を落としました。少しでも多くの方に試していただきたいという思いから、「ラケットは進化して価格はお求めやすく!」を実現しました。是非、新しい「T-フラッシュ」をお試しいただきたいです。


キーワードは、“ALL IN ONE CARRYING SYSTEM”
Q.
ではもう1つ新製品で、バッグが発売になっていると思いますが、少し今までと違うカタチをしていますね?
昔の「ドラムバッグ」を思い出しますが、どんなバッグなのかお聞かせください。
A. こちらは「RACK PACK」という商品で、バッグ内に脱着可能なセパレーターを配置し、荷物をすっきり収納できる構造になっています。更にバックパック・ショルダー・ハンドルと、様々な持ち方が出来るのもこのバッグの特徴です。ストラップをよく見ていただくと、センター部分が細くなっていて、ショルダーやハンドルで持つ際に、非常に握りやすくなっているのも、非常に使いやすいと思います。
素材は一見ターポリンのように見えますが、基布は違うものを使いコーティングをしているので、軽量かつ防水性と耐久性を兼ね揃えた素材を使っています。では実際にどの程度の収納力があるか、画像に収まっている品物をピックアップしてみます。
ラケット4本・ボール・ストリング(ロール)・グリップテープ(30本入り)・ウエア・ポーチ・シューズ・ペットボトルがすっきり収納されています。移動中に中身がゴチャゴチャにならないのも、うれしいポイントです!
更にシューズスペースは、ラケットのグリップ部分にできる「デットスペース」をうまく利用して、無駄のない作りになっているのも見逃せません。既に販売も開始していますが、非常に好評をいただいております。
是非、こちらのバッグを手に入れて、「smart tennis life」も同時に手に入れてください!
ちなみに、「RACK PACK」とは、
「racketBAG」と「backPACK」が1つになった造語だそうです!
たしかブランド名もそうでしたね!

「テクニファイバー」特集!いかがだったでしょうか?
使ってみたいと思った商品がたくさんあったのではないかと思います。
そんな方は今スグ、こちらをクリック!

Related Posts

第8回 HEAD編

日本の女子テニス界を牽引する二人の強カワプレーヤー 尾崎 里紗(Risa Ozaki)プロ・穂積 絵莉(Eri Hozumi)プロ 二人のプロにラケット選び、ラケットの使い心地、WTAツアーでの裏話 ストリングのトレンドやストリングテンション、今後の抱負など ざっくばらんにお話を伺いました。 尾崎 里紗(Risa Ozaki)プロ 江崎グリコ所属 1994年4月10日生(23歳) 兵庫県神戸市出身 身長:162cm 右利き 両手打ちバックハンド 2012年12月 プロ転向 WTA最高位:70位(シングルス) 主な戦績 2017年 全豪・全仏・全英・全米オープン本戦出場 (全米2回戦進出) WTAマイアミ・オープン ベスト16 使用ラケット Graphene Touch RADICAL SAKURA 穂積 絵莉(Eri Hozumi)プロ 橋本総業所属 1994年2月17日生(23歳) 神奈川県平塚市出身 身長:167cm 右利き 両手打ちバックハンド 2012年1月 プロ転向 WTA最高位:144位(シングルス) 29位(ダブルス) 主な戦績 2017年 全豪オープン本戦出場(シングルス) 全豪オープンベスト4(ダブルス) ハワイアン・オープンダブルス準優勝 使用ラケット Graphene Touch INSTINCT HAWAII Q. 今回の新しいラケットのデザイン性についてどのように感じていますか?  A. (尾崎プロ) 私”ピンク”が好きなんで…ピンクと白の組み合わせがシンプルで可愛くて、ラケットを使用していると練習の時のテンションも上がっていきますね。(穂積プロ) 私、地元が神奈川の湘南なんですけど小さい時から海が身近にあったので、この白と青のデザインが…マリン(海)て感じで親しみがあって 今回のモデルは白色が入る事で柔らかさが出て凄く可愛くてテンション上がります。 Q. ツアーを回っていると周りの選手からラケットのデザイン可愛いねとか言われますか? A. (尾崎プロ) 言われます。 (穂積プロ) 私は…2018年からこのデザインのモデルを使用するので(笑) 彼女は前作もSAKURAデザインでしたので(笑) 質問の仕方が悪かったですね(笑) (穂積プロ) 日本限定のラケットは周りの選手から「何それ何それ」と言われますよ。 ちょっと打たせてみてよとかも言われますね。 Q. ツアーを回っている上で「苦労したな」「ツアー回っていて良かった」など何かエピソード的なものを教えていただけますか? 例えば食事がまずい…ラケットが届かないとか… A. (尾崎プロ) 食事に関しては最近日本食屋が増えているので困ってはいないんですけど… あっ…「飛行機」…「飛行機が飛ばない」と言われた時は混乱しました。次の日の飛行機の便や宿泊施設も変更しないといけないので。 Q. 全て英語でやりとりしているんですね。英語はペラペラですか… A. (尾崎プロ)まだ全然だめですね。英語は勉強中です。 (穂積プロ) WTAにいけるようになってからは、ホスピタリティーなどもしっかりしているので苦労はしてないですね。 プロになりたての頃は…何から何まで自分一人で行わないと行けないので苦労しました。 コーチを付けるお金もないですし… 最初に一人で遠征に行った時なんかは2日でホームシックになって(泣)もう本当に帰りたくて!! 食事にも行きたくないし…何もしたくない…今でこそ笑い話ですが。 当時は英語も殆ど話せなくて、練習相手をなんとかみつけて試合の前に「練習しようね」と約束をするんですけど。 当日来なくて(笑) 一人で試合前に素振りして試合入ったり。 結構海外の選手はいい加減のところが多くて…本当嫌でしたねえ。 確かその時の大会はベスト4に入って戦績は良かったんですけど本当にもう帰りたいと泣きそうでした。 Q. その時はどこに試合に行ったのですか? A. (穂積プロ)その時はトルコでしたね。 結構、最初の頃はアジアが多いですかね。中国も沢山トーナメントもありますし。後はタイとか… お二人とも着実にランキングを上げてきて今ではツアー環境は整っていますね。後は結果を残すだけと (尾崎プロ)環境的にだいぶ楽ですね (穂積プロ)グランドスラムの予選に出れるようになってからは…いいなあって思いますよね。 Q. グランドスラム大会では選手に対しての環境はいいのでしょうか? 送迎などのサービスもすべてついているのですか。 A. (穂積プロ) 送迎とかホテル代が出るとかはWTAのツアーでもあるんですけど。オーストラリアンオープンに初めて行った時に凄いと思ったのが。 お車代みたいなのが出るんです…(尾崎プロ)「あ~飛行機代」…お小遣いみたいなのが貰えるんですよ。 (穂積プロ)2,500ドル…予選でも…それは結構びっくりして… 後はアグのブーツ…とか (尾崎プロ)この前の全米オープンとかでは…ティファニーのブレスレットやネックレス、マネークリップとか…12種類位のなかから選べるんですけど (穂積プロ)ボーズのイヤホンとか (尾崎プロ)色々もらえるので…紙袋いっぱいになったり(笑)(穂積プロ) フレンチオープンはルイヴィトンのパスポートケースでした。 年々よくなってきてますね…四大大会同士で競っている感じですよ。 賞金も年々上がってますし。海外のテニス人気はすごいですよね。 ―ではここからご自身がお使いになっているラケットの機能面など含めてお伺いいたします Q. ラケットで一番大事だと思っているポイントを教えてください。 A. (尾崎プロ) 一番は…私「打球感」ですね。結構打った時の感触が気になるので。 まあ打った時の「音」とかもそうなんですけど。 好きな音とかがあって、すごい気にしてしまうので自分がいいと思ったラケットを選んでいます。――打球感で選ぶ人は凄く多いんですかね(穂積プロ) 私もそうなんですけど…結構みんなこの「感覚」はすごい大切にしていると思います。 どれだけ周りからもいいボール打っているよと言われても自分の感覚が悪いと「えっ」てなっちゃいます。 「これでいいのかな」と思いながらプレーしてしまうとあんまり良くないと思うんですよね。 「自分がこれだと思うボールが打てて」更に周りの人やコーチからも「いいね」と言われたら良いですけど。 ――最終的にラケットを選ぶのは自分自身の感覚…ですか (穂積プロ) それが全てではないですけどすごく大事にしているポイントではありますよね。 ―感覚のお話がでましたが…感覚という事ですとラケットもさる事ながらストリングも重要ですよね Q. お二人はどんなストリングを張っていますか? A. (尾崎プロ) 私は縦にナチュラル、横にポリエステルを張っています。 (穂積プロ) 私も縦にナチュラル、横にポリエステルを張っています。 Q. どこのブランドのストリングを使用していますか? A. (尾崎プロ) ナチュラルはバボラのVSを張っています。ポリエステルはマンティスを使用しています (穂積プロ) 私もナチュラルはバボラのVSでポリエステルはブラストを張ってます――縦のストリングはポリエステルではないんですね (穂積プロ) 私、横ナチュラルを試した事があったんですけど…感触が硬くて…ボールが飛ばなくて。私はボールが飛んでいってくれるほうがいいので縦にナチュラルにしています――今は縦ナチュラル、横ポリエステルがトレンドですよね (穂積プロ) そうですね…昔は縦ポリエステルで横ナチュラルが主流だったんですけど。 ――女子の選手はハイブリッドが結構多いんですか (穂積プロ) 縦横ポリエステルだと肘とか痛くなってしまったり…縦横ポリエステルを使用している人は最近いるのかなあ? (尾崎プロ) 私も2年前まではポリ×ポリだったんですけど…やっぱりもっと飛びが欲しいという事になってナチュラルを組み合わせるようになったんですよ。 ――あれだけいいフォア打つのに(驚) (尾崎プロ) いや…全然まだまだですよ… Q. では「フィーリング」以外の部分でラケットに求めるものは何でしょうか。 A. (穂積プロ) 私は全体のバランスですかね。「パワー」「コントロール」「スピン」全部必要なんですよね。 そこのバランスがいいのが「インスティンクト」だったんです。 スピンばかりかかり過ぎても嫌で…パワーばかりで飛びすぎるのも嫌で… かといってコントロール重視だと球にパワーが無くなるので…(尾崎プロ) 「スピン」か「飛び」… どっちかを選ぶとしたら「スピン」ですかね。スピンがかかりやすいラケットがポイント!! 球際とかで「グッ」とインパクトする時にスピンでコントロールする事が多いので。 私のプレースタイルに合っているというか。 ー「インスティンクト」のほうが弾いて「ラジカル」のほうが少しボールを捕まえる感じ  ラケットによって特性が全く違います Q. 少し話が戻ってしまうのですが お二人はストリングのテンションはどの位で張上げていますか? A. (尾崎プロ) 少し硬めの52ポンドです。 (穂積プロ) 私は49ポンドですね 。 Q. 試合会場とかでテンションを変更したりしますか? A. (尾崎プロ) テニスコートの種類とかボールの種類によって変更します。

第6回 asics編

  第6回 アシックスジャパン プロダクトマーチャンダイジング部 フットウェアチーム “岩田 洋” さん  アシックステニスシューズの開発からプロモーションまで携わる岩田さんに テニス界におけるアシックステニスシューズの動向や、トップモデルといわれる3機種を中心に語っていただきました。 (さらに…)

第5回 GOSEN編

第5回 株式会社ゴーセン スポーツ用品部 企画開発課 係長 “三浦 昭宏” さん  日本人が欲する”繊細な感覚をMADE IN JAPANのガットブランド「ゴーセン」が突き詰める!! シンセティックガットのパイオニアとして長きにわたり数多くの製品を世に出してきたゴーセン。 今夏、2年の開発期間を経て発売された「G-TOUR3」 プレイヤーに最適な「感覚」を実現したポリエステルガットの開発秘話を ガット変遷・トレンドを交えてゴーセン企画開発課の三浦氏に語っていただきました。 (さらに…)

第4回 HEAD編

第4回 HEAD Japan ラケット事業部セールス/アソシエーション “小林 聡” さん 世界最速”13代目ラジカルシリーズ” 遂にベールを脱ぐ!!  ヘッドのテニスラケットを語らせたらこの人の右に出る者はいないミスターヘッドこと小林氏。 生誕25周年のラジカルシリーズについてここだけしか聞けない裏話も交えて熱く語っていただきました。 (さらに…)

第3回 Prince編

第3回 グローブライド株式会社 スポーツ営業本部 スポーツ営業部 企画課長 “相馬 安紀” さん ”その違い、体感せよ。” プリンス社が自信をもって進める1本  テニス業界の常識を突き破り、常に革新的なテクノロジーを世に広めてきた”プリンスラケット” その開発現場の最前線で指揮を執る相馬氏。 業界の中でも顔が広く「プロプレーヤー」「テニス愛好家」「ジュニアプレーヤー」など様々な意見を吸い上げ そこに自らの”こだわり”を加えて名器と呼ばれる1本のラケットを作っていく そんな相馬氏に9月より発売される「ビーストシリーズ」について熱く語ってもらいました。 (さらに…)

第2回 Babolat編

Babolat PURE DRIVE 2018 第2回 ダンロップスポーツマーケティング バボラ企画部 企画グループ 課長 “大塚 正人” さん 「世界で1番売れているラケットのモデルチェンジは、一筋縄ではいかない・・・」  過去の商品も含め、バボラの事なら何でもござれ!「ミスターBabolaT」大塚正人さん! 今回は、満を持して登場する2018年ピュアドライブについて、開発背景や新しい機能など、 2018ピュアドライブを思う存分語っていただきます。 (さらに…)

第1回 Wilson編

「もうゴールデンスペックとは呼んでほしくない! ULTRAスペックと呼んでください!」第1回 アメアスポーツジャパン ウイルソン・ラケットスポーツ ブランドマネージャー “道場 滋” さん 「ULTRAいいね」と言ってもらえる、ネットプレーを制するための機能が満載!  ウイルソンの顔といっても過言ではない道場氏は、商品の開発からプロモーション、また契約選手からの信頼も厚い、 ウイルソンテニスの事なら何でも分かる、まさにミスターウイルソン! そんな道場氏に、8月25日に発売する「ULTRA」シリーズについて、熱く語っていただきました。 (さらに…)