Blog Post

第1回 Wilson編

「もうゴールデンスペックとは呼んでほしくない!
ULTRAスペックと呼んでください!」
第1回
アメアスポーツジャパン
ウイルソン・ラケットスポーツ
ブランドマネージャー

“道場 滋” さん
「ULTRAいいね」と言ってもらえる、ネットプレーを制するための機能が満載!
 ウイルソンの顔といっても過言ではない道場氏は、商品の開発からプロモーション、また契約選手からの信頼も厚い、
ウイルソンテニスの事なら何でも分かる、まさにミスターウイルソン!
そんな道場氏に、8月25日に発売する「ULTRA」シリーズについて、熱く語っていただきました。

Q. 今回のモデルは、メーカーとしては過去最高レベルでプロモーションをかけていく、という意気込みを伺いましたが、1番の特徴を教えていただけますでしょうか?
A. 今回は「黄金スペック」・「プラチナスペック」といった、マーケットにたくさん存在するスペックのラケットだったりする
わけですが、その中でも差別化を図っていくために、「ULTRA」は“ネットプレー”でどうすればパフォーマンスがあげられるかを突き詰めたラケットになっています。
Q. では具体的に、どういった機能が備わっているのでしょうか?
A.
ネットプレーと言うところから紐解いていくわけですが、「相手との距離が半分!」→「距離が短い」→「ボールに力がある」=「面がブレないようにしたかった」。その為に、フレームのフェイス部分には「ハーフオクタゴン」という、多角形のフレーム形状にする事で、フェイス自体の安定性をあげましょうというモノで、これが一つ目のテクノロジー「ハーフオクタゴン」と呼んでいます。そしてスロート部分には、「パワーリブ」(リブとは肋骨の意)と言う、まさに肋骨が浮き出たような形状をシャフトの内側に採用することで、シャフトの剛性も高くなり、全体的に安定性が向上しています。そしてその結果、強いボールに打ち負けなくなるというわけです。
2つ目は、「ULTRA100」のみになりますが、「カウンターヴェイル」を搭載しました。つまり衝撃吸収性を高めよう、疲労を軽減させましょうという事です。
そしてすべてのモデルに搭載しているのが「クラッシュゾーン」で、フレームの6時の部分にパーツが埋め込まれています。このパーツは、ボールが当たるたびに「潰れて元に戻る」動きをします。よってストリングのたわみが大きくなり、3/1000秒と言われているボール接触時間が長くなり、その結果コントロール性能が高く、かつ伸びのあるボレーを打つことができます。
Q. 「ULTRA100」に搭載した「カウンターヴェイル」は、既に他のモデルに採用しているテクノロジーですが、効果としてそれなりの手応えを感じての、今回の採用という事でしょうか?
A. そうですねぇ、我々としては非常に自信を持っています。ただ打球感に関しては好みもありますので、あまり好きじゃないという方もいらっしゃいます。ですが10人中7~8人程度は、心地よさを感じ取っていただけるので、ここは我々としては強く推していきます。
今後発売してくモデルにも搭載していく予定で、選手からのリクエストが多いものですから、特に選手系のモデルには採用していく予定でいます。
Q. 逆に軽量スペックにあえてカウンターヴェイルを入れない理由はなんですか?
A.
厳密には「入れない」のではなく、「入れれない」というのが正直なところです。もともとカウンターヴェイルは比重の重い素材であり、280g以下のラケットには入れずらいという理由があります。ですが今回の「ULTRA」に関しては、「クラッシュゾーン」が柔らかさに寄与してくれているので、そういった意味では必要ないのではないかという見解も持っています。さらに、このカウンターヴェイルという素材は、長い時間プレーをして初めて「疲れない」、という効果が得れるという数値的な実証も出ているので、そういった意味でも競技者向けのモデルに搭載するのが、効果的だと考えています。
ボレーヤーは、フェイス面の下にスイートスポットを広げたラケットが使いたい!
Q. では、その「クラッシュゾーン」、ウイルソンとしては新しいテクノロジーですが、他社では似たテクノロジーで既に販売しているモデルもあると思います。他社との違いや今回スロート部分に搭載した理由、差別化のポイントなどあれば聞かせてください。
A. 当初は何処に搭載するかで、いろいろ協議がありました。最終的に残ったのが上と下となり、今回ネットプレーにフォーカスしたラケットという事もあり、ボレーヤーの方にいろいろヒアリングした結果、「スイートスポットを下に広げたラケットでプレーがしたい」という声が多く、リサーチからあえて上はクラッシュゾーンは無くしたというのが本当の理由です。ただ将来的には、上にも横にもいろいろ増えていくことも考えられます。今回のモデルに関しては、何度も申し上げている通り「ネットプレー」を強く意識しているという事もあって、スイートスポットを手前の方に!という事にしています。
ラケットの重さやバランスの設定は、ブラインドテストから!
Q. 「100L」・「100UL」に関して、それぞれ277g・バランス325mm、257g・バランス330mmという事で、特に重量に関してはかなり細かい設定になっていますが、これについては何か理由はありますか?
A.
これについては、2~3gの幅でプレテストを重ねた結果、一番良かったという事です。最近アメリカの方では、ユーザーの方を含めた「ブラインドテスト」を先に行ってから、スペックを決定していく事が多いものですから、今回のモデルに関しては、特にネットプレーという事を踏まえて、この数字に落ち着いてという事です。
Q. 「100UL」に関して、今までのラケットのイメージからすると、257gのラケットに対しバランス330mmという設定は、軽すぎるのでは?という見解を持っていますが、その辺はどうお考えでしょうか?
A. そうですねぇ、大人の方にこの3機種の中で回遊していただきたいというのもあるのですが、やはり我々としては「100UL」のターゲットはジュニア・非力な女性・初心者をイメージしており、あえて「軽く!」・「使いやすく!」をテーマとして考えています。
意外と「100UL」が高評価!
Q. つまりそれは、そのターゲットとするプレーヤーを想定したときに、それほど強いボールを打ち合うという想定ではなく、操作性や振りやすさにフォーカスしているという解釈でよろしいですか?
A.
そうですね!扱いやすさというところに重点を置いています。ただ今回、「シークレットDEMOツアー」で数百人に試打をしていただきましたが、ターゲットとしているプレーヤー以外の方からも支持していただく事が非常に多く、軽くて操作性は良いが、フレームはしっかりしているために、重さが無くてもしっかり返せるという点で、ネットプレーでのアドバンテージを感じていただけたようです。
Q. それでは最後に。
「ULTRAいいね」のキャッチコピーについて、道場さんの熱い思いを述べていただけますか?
A. 前作は「ULTRAはいる」でしたが、その時に「ULTRAは、いる」・・・ウルトラマンがそこに居るかのように、「ULTRAはいる」とおっしゃる方も多かったのですが、誤解を生むようなキャッチコピーというのは、逆に浸透した理由の一つではないかと思っていて、いろいろな施設に立っていると、「ULTRAはいる!はいる!」と言っていただけたりする訳ですが、それを更によくする為のキャッチコピーという事で、「入る!」「攻めれる!」「勝てる!」、やっぱり「いいね!」だよね!というところで、やっぱり皆さんに「ULTRAはいいね!」と言っていただきたく、このキャッチコピーを採用しました。
本日はありがとうございました!
そうやって本当に使った方が、「ULTRAいいね!」と
言っていただけるような評価をいただけると「いいね!」
道場氏が、NEW ULTRAについて熱く語ってくれた、ムービーはコチラ!

併せてご覧ください。

Wilson NEW ULTRA


ULTRA 100

ULTRA 100L

ULTRA 100UL
<番外編>
今回のキャッチコピーを採用するに当たり、
各都道府県の方言で「いいね!」を全部調べました(笑)
沖縄では「いいね」→「じょうとう!」
大阪では「「いいね」→「ええんちゃいまっか!」
など、全て違ったそうです!
ちなみに東京は「いいね!」だったそうです。
是非、皆さんも47都道府県の「いいね!」を調べてみてはいかがですか?

Related Posts

第8回 HEAD編

日本の女子テニス界を牽引する二人の強カワプレーヤー 尾崎 里紗(Risa Ozaki)プロ・穂積 絵莉(Eri Hozumi)プロ 二人のプロにラケット選び、ラケットの使い心地、WTAツアーでの裏話 ストリングのトレンドやストリングテンション、今後の抱負など ざっくばらんにお話を伺いました。 尾崎 里紗(Risa Ozaki)プロ 江崎グリコ所属 1994年4月10日生(23歳) 兵庫県神戸市出身 身長:162cm 右利き 両手打ちバックハンド 2012年12月 プロ転向 WTA最高位:70位(シングルス) 主な戦績 2017年 全豪・全仏・全英・全米オープン本戦出場 (全米2回戦進出) WTAマイアミ・オープン ベスト16 使用ラケット Graphene Touch RADICAL SAKURA 穂積 絵莉(Eri Hozumi)プロ 橋本総業所属 1994年2月17日生(23歳) 神奈川県平塚市出身 身長:167cm 右利き 両手打ちバックハンド 2012年1月 プロ転向 WTA最高位:144位(シングルス) 29位(ダブルス) 主な戦績 2017年 全豪オープン本戦出場(シングルス) 全豪オープンベスト4(ダブルス) ハワイアン・オープンダブルス準優勝 使用ラケット Graphene Touch INSTINCT HAWAII Q. 今回の新しいラケットのデザイン性についてどのように感じていますか?  A. (尾崎プロ) 私”ピンク”が好きなんで…ピンクと白の組み合わせがシンプルで可愛くて、ラケットを使用していると練習の時のテンションも上がっていきますね。(穂積プロ) 私、地元が神奈川の湘南なんですけど小さい時から海が身近にあったので、この白と青のデザインが…マリン(海)て感じで親しみがあって 今回のモデルは白色が入る事で柔らかさが出て凄く可愛くてテンション上がります。 Q. ツアーを回っていると周りの選手からラケットのデザイン可愛いねとか言われますか? A. (尾崎プロ) 言われます。 (穂積プロ) 私は…2018年からこのデザインのモデルを使用するので(笑) 彼女は前作もSAKURAデザインでしたので(笑) 質問の仕方が悪かったですね(笑) (穂積プロ) 日本限定のラケットは周りの選手から「何それ何それ」と言われますよ。 ちょっと打たせてみてよとかも言われますね。 Q. ツアーを回っている上で「苦労したな」「ツアー回っていて良かった」など何かエピソード的なものを教えていただけますか? 例えば食事がまずい…ラケットが届かないとか… A. (尾崎プロ) 食事に関しては最近日本食屋が増えているので困ってはいないんですけど… あっ…「飛行機」…「飛行機が飛ばない」と言われた時は混乱しました。次の日の飛行機の便や宿泊施設も変更しないといけないので。 Q. 全て英語でやりとりしているんですね。英語はペラペラですか… A. (尾崎プロ)まだ全然だめですね。英語は勉強中です。 (穂積プロ) WTAにいけるようになってからは、ホスピタリティーなどもしっかりしているので苦労はしてないですね。 プロになりたての頃は…何から何まで自分一人で行わないと行けないので苦労しました。 コーチを付けるお金もないですし… 最初に一人で遠征に行った時なんかは2日でホームシックになって(泣)もう本当に帰りたくて!! 食事にも行きたくないし…何もしたくない…今でこそ笑い話ですが。 当時は英語も殆ど話せなくて、練習相手をなんとかみつけて試合の前に「練習しようね」と約束をするんですけど。 当日来なくて(笑) 一人で試合前に素振りして試合入ったり。 結構海外の選手はいい加減のところが多くて…本当嫌でしたねえ。 確かその時の大会はベスト4に入って戦績は良かったんですけど本当にもう帰りたいと泣きそうでした。 Q. その時はどこに試合に行ったのですか? A. (穂積プロ)その時はトルコでしたね。 結構、最初の頃はアジアが多いですかね。中国も沢山トーナメントもありますし。後はタイとか… お二人とも着実にランキングを上げてきて今ではツアー環境は整っていますね。後は結果を残すだけと (尾崎プロ)環境的にだいぶ楽ですね (穂積プロ)グランドスラムの予選に出れるようになってからは…いいなあって思いますよね。 Q. グランドスラム大会では選手に対しての環境はいいのでしょうか? 送迎などのサービスもすべてついているのですか。 A. (穂積プロ) 送迎とかホテル代が出るとかはWTAのツアーでもあるんですけど。オーストラリアンオープンに初めて行った時に凄いと思ったのが。 お車代みたいなのが出るんです…(尾崎プロ)「あ~飛行機代」…お小遣いみたいなのが貰えるんですよ。 (穂積プロ)2,500ドル…予選でも…それは結構びっくりして… 後はアグのブーツ…とか (尾崎プロ)この前の全米オープンとかでは…ティファニーのブレスレットやネックレス、マネークリップとか…12種類位のなかから選べるんですけど (穂積プロ)ボーズのイヤホンとか (尾崎プロ)色々もらえるので…紙袋いっぱいになったり(笑)(穂積プロ) フレンチオープンはルイヴィトンのパスポートケースでした。 年々よくなってきてますね…四大大会同士で競っている感じですよ。 賞金も年々上がってますし。海外のテニス人気はすごいですよね。 ―ではここからご自身がお使いになっているラケットの機能面など含めてお伺いいたします Q. ラケットで一番大事だと思っているポイントを教えてください。 A. (尾崎プロ) 一番は…私「打球感」ですね。結構打った時の感触が気になるので。 まあ打った時の「音」とかもそうなんですけど。 好きな音とかがあって、すごい気にしてしまうので自分がいいと思ったラケットを選んでいます。――打球感で選ぶ人は凄く多いんですかね(穂積プロ) 私もそうなんですけど…結構みんなこの「感覚」はすごい大切にしていると思います。 どれだけ周りからもいいボール打っているよと言われても自分の感覚が悪いと「えっ」てなっちゃいます。 「これでいいのかな」と思いながらプレーしてしまうとあんまり良くないと思うんですよね。 「自分がこれだと思うボールが打てて」更に周りの人やコーチからも「いいね」と言われたら良いですけど。 ――最終的にラケットを選ぶのは自分自身の感覚…ですか (穂積プロ) それが全てではないですけどすごく大事にしているポイントではありますよね。 ―感覚のお話がでましたが…感覚という事ですとラケットもさる事ながらストリングも重要ですよね Q. お二人はどんなストリングを張っていますか? A. (尾崎プロ) 私は縦にナチュラル、横にポリエステルを張っています。 (穂積プロ) 私も縦にナチュラル、横にポリエステルを張っています。 Q. どこのブランドのストリングを使用していますか? A. (尾崎プロ) ナチュラルはバボラのVSを張っています。ポリエステルはマンティスを使用しています (穂積プロ) 私もナチュラルはバボラのVSでポリエステルはブラストを張ってます――縦のストリングはポリエステルではないんですね (穂積プロ) 私、横ナチュラルを試した事があったんですけど…感触が硬くて…ボールが飛ばなくて。私はボールが飛んでいってくれるほうがいいので縦にナチュラルにしています――今は縦ナチュラル、横ポリエステルがトレンドですよね (穂積プロ) そうですね…昔は縦ポリエステルで横ナチュラルが主流だったんですけど。 ――女子の選手はハイブリッドが結構多いんですか (穂積プロ) 縦横ポリエステルだと肘とか痛くなってしまったり…縦横ポリエステルを使用している人は最近いるのかなあ? (尾崎プロ) 私も2年前まではポリ×ポリだったんですけど…やっぱりもっと飛びが欲しいという事になってナチュラルを組み合わせるようになったんですよ。 ――あれだけいいフォア打つのに(驚) (尾崎プロ) いや…全然まだまだですよ… Q. では「フィーリング」以外の部分でラケットに求めるものは何でしょうか。 A. (穂積プロ) 私は全体のバランスですかね。「パワー」「コントロール」「スピン」全部必要なんですよね。 そこのバランスがいいのが「インスティンクト」だったんです。 スピンばかりかかり過ぎても嫌で…パワーばかりで飛びすぎるのも嫌で… かといってコントロール重視だと球にパワーが無くなるので…(尾崎プロ) 「スピン」か「飛び」… どっちかを選ぶとしたら「スピン」ですかね。スピンがかかりやすいラケットがポイント!! 球際とかで「グッ」とインパクトする時にスピンでコントロールする事が多いので。 私のプレースタイルに合っているというか。 ー「インスティンクト」のほうが弾いて「ラジカル」のほうが少しボールを捕まえる感じ  ラケットによって特性が全く違います Q. 少し話が戻ってしまうのですが お二人はストリングのテンションはどの位で張上げていますか? A. (尾崎プロ) 少し硬めの52ポンドです。 (穂積プロ) 私は49ポンドですね 。 Q. 試合会場とかでテンションを変更したりしますか? A. (尾崎プロ) テニスコートの種類とかボールの種類によって変更します。

第7回 Tecnifibre編

Tecnifibre 編 第7回 ブリヂストンスポーツセールスジャパン株式会社 テニス企画部 テニス商品企画課 “柴本 竜” さん テクニファイバーの由来は、「technical」と「fibre」の造語から!  今回は一つのアイテムにフォーカスするのではなく、ブランドそのものにスポットを当て、 テクニファーバー社のhistoryやこだわりから新商品まで、「テクニファイバー」について ブリヂストンスポーツで商品企画を担当している、柴本さんに徹底的に語っていただきました! (さらに…)

第6回 asics編

  第6回 アシックスジャパン プロダクトマーチャンダイジング部 フットウェアチーム “岩田 洋” さん  アシックステニスシューズの開発からプロモーションまで携わる岩田さんに テニス界におけるアシックステニスシューズの動向や、トップモデルといわれる3機種を中心に語っていただきました。 (さらに…)

第5回 GOSEN編

第5回 株式会社ゴーセン スポーツ用品部 企画開発課 係長 “三浦 昭宏” さん  日本人が欲する”繊細な感覚をMADE IN JAPANのガットブランド「ゴーセン」が突き詰める!! シンセティックガットのパイオニアとして長きにわたり数多くの製品を世に出してきたゴーセン。 今夏、2年の開発期間を経て発売された「G-TOUR3」 プレイヤーに最適な「感覚」を実現したポリエステルガットの開発秘話を ガット変遷・トレンドを交えてゴーセン企画開発課の三浦氏に語っていただきました。 (さらに…)

第4回 HEAD編

第4回 HEAD Japan ラケット事業部セールス/アソシエーション “小林 聡” さん 世界最速”13代目ラジカルシリーズ” 遂にベールを脱ぐ!!  ヘッドのテニスラケットを語らせたらこの人の右に出る者はいないミスターヘッドこと小林氏。 生誕25周年のラジカルシリーズについてここだけしか聞けない裏話も交えて熱く語っていただきました。 (さらに…)

第3回 Prince編

第3回 グローブライド株式会社 スポーツ営業本部 スポーツ営業部 企画課長 “相馬 安紀” さん ”その違い、体感せよ。” プリンス社が自信をもって進める1本  テニス業界の常識を突き破り、常に革新的なテクノロジーを世に広めてきた”プリンスラケット” その開発現場の最前線で指揮を執る相馬氏。 業界の中でも顔が広く「プロプレーヤー」「テニス愛好家」「ジュニアプレーヤー」など様々な意見を吸い上げ そこに自らの”こだわり”を加えて名器と呼ばれる1本のラケットを作っていく そんな相馬氏に9月より発売される「ビーストシリーズ」について熱く語ってもらいました。 (さらに…)

第2回 Babolat編

Babolat PURE DRIVE 2018 第2回 ダンロップスポーツマーケティング バボラ企画部 企画グループ 課長 “大塚 正人” さん 「世界で1番売れているラケットのモデルチェンジは、一筋縄ではいかない・・・」  過去の商品も含め、バボラの事なら何でもござれ!「ミスターBabolaT」大塚正人さん! 今回は、満を持して登場する2018年ピュアドライブについて、開発背景や新しい機能など、 2018ピュアドライブを思う存分語っていただきます。 (さらに…)